足のムクミ

 

ここ最近、気温が高くなって来たので、

 

冷たい飲み物を摂る機会も増えてきましたよね。

 

そこで気になるのが足のムクミ。

 

ムクミには色々と原因がありますが、少し紹介したしますね。

 

 

 

ふくらはぎや足元に筋肉をつけてムクミ予防。

 

女性は特に筋肉をつけるなんて嫌だと思いますでしょうけど

 

ある程度、筋肉がないと、ダイエットするうえでも重要になってきます。

 

足に筋肉をつける事によって、体全体の血液循環もよくなります。

 

筋肉をつけるにはスクワットや踏み台昇降や階段の上り下りなどの運動が効果的です。

 

 

 

リンパの流れを良くしてムクミにくい体質。

 

リンパとは血管のように体中に張り巡らされたリンパ管の中をめぐるリンパ液の事です。このリンパ液は体中に水分を行き渡らせる働きの他、余分な水分の回収や体内に侵入してきた細菌の駆除など、私たち人間の体にとってとても重要な働きをしています。

 

リンパの流れはムクミの予防だけでなく健康的な体を維持するにあたってとても重要です、リンパの循環を良くするマッサージやストレッチで、体質改善していきましょう。

 

 

 

冷え性を改善してムクミ改善。

 

冷え性を改善するのには血行を良くし血管を拡張させる事が重要になってきますので、お風呂上がりのマッサージやストレッチで血液の巡りを良くしましょう。

 

また体を内側から温めるにあたって、この時期に多く取れる根菜などの陽性の食品や、血液をサラサラにする食品を多く摂ると良いでしょう。食生活の面からも立ち仕事でむくみにくい足作りを意識しましょう。

 

体を温める陽性の食品の一例は、加熱した生姜、ネギ、ニンニク、こんにゃく、根菜、自然塩など

 

その他にも色の濃い野菜や果物ほど体を温める効果があると言われています。

 

 

 

ムクミが無いために、適度な水分補給。

 

意外に多いのが水分の摂りすぎによるムクミを懸念して、なるべく水分を取らない生活をする事によりむくんでしまう事です。

 

体内の水分が十分でないと脳は危険を察知して余分な水分を体内にため込む様に(塩分過多も同様)

 

します。適度な水分を取るよう心がけた体質を作りましょう。

ただし水分の摂りすぎもむくみの原因となってしまうので適度な水分補給を心がけましょう。目安としては一日5回トイレに行くようであれば水分摂りすぎと考えられます、4回ほどで済む程度の水分補給に抑えましょう。

0 コメント